ホーム » 即日キャッシング情報 » 

即日キャッシングでの貸付までの流れ

読了までの目安時間:約 3分

▼プロミスの場合

まず、インターネットで申し込みます。自動審査(9:00から20:00)が完了したあと、契約可能額(50万円以下)を指定の連絡先へ連絡がきます(約30分)。

必要書類を画像化(スキャナ、カメラで)して、メールに添付の上、指定されたアドレスに送ります。プロミスが契約内容を確認して(できたら)、即日で指定の口座に振り込みます。

 

▼アコムの場合

まず、電話をかけます。審査に通ると、本人確認書類、必要書類(コンビニでも契約書類は取り出せます)をFAXします(平日14:00まで)。

アコムが確認して(できたら)指定の口座に振り込みます。

 

▼ノーローンの場合

レイクの自動契約コーナーで申し込みます(8:45から20:30まで最終の時間は要確認)。
審査に通ると、即日カードが発行されます。ATMで引き出すことができます。

 

▼レイクの場合①

インターネットで申し込みます。審査に通ると、インターネット画面に表示されます(場合によっては電話で連絡)。契約方法を、インターネット即日振込を選びます。

本人確認書類を、メール添付またはFAXで送ります。レイクが必要書類の確認をたら(できたら)(平日14:00まで)会員ページにアクセスをして手続きをします(平日14:45まで)。指定の口座に振り込まれます。

 

▼レイクの場合②

自動契約機で申し込みます。ここで本人確認もします。審査に通ると、自動契約機の画面に表示されます。

契約書が自動契約機から発行されますので、記入したあと自動契約機経由で送ります。カードが発行されます。ATMで引き出せます。

 

▼レイクの場合③

電話で申し込みをします。その場で審査結果が伝えられます(後から連絡がくる場合もあります)
即日振込の場合は、インターネット経由で、申し込んだ場合と同じになります。

 

以下再掲
契約方法を、インターネット即日振込を選びます。本人確認書類を、メール添付またはFAXで送ります。

レイクが必要書類の確認をたら(できたら)(平日14:00まで)会員ページにアクセスをして手続きをします(平日14:45まで)。指定の口座に振り込まれます。

 

即日融資に限っていくつかの会社の具体例をあげてみました。
詳しくは、各会社に確認してください。

即日キャッシングの審査スピードを早くするコツ

読了までの目安時間:約 2分

急に予定が入ってしまい、今日中にお金が必要になり困った経験はありませんか。困った時の救世主が正に消費者金融であります。大きな特徴は、銀行などの金融機関の窓口が営業していない、休日・祝日でも融資を受けることができる点に尽きます。
 

消費者金融のキャッシング審査は、多重借り入れや延滞などの問題がなければ、約1時間程度でお金を借りられるのです。しかしながら、即日融資を受けるためにはいくつかのコツがあります。
 

始めに、申し込みはWEBで手続きしておくのです。申し込み後に、仮審査の結果がメールで送られて問題がなければ、その後の手続きが楽になります。
 

この時は、住所やメールアドレスなどの入力ミスに気を付けてください。入力内容に誤りがあると、手続きに時間が掛かってしまい、最悪即日中にお金を借りられない場合もあります。
 

無事に仮審査に通過したら、契約に必要な身分証明書類の提出になりますが、キャッシング会社によっては書類の提出先が分かり辛かったりします。
 

確実な方法は自動契約機で手続きすれば、オペレーターとやり取りをしながら手続きを進めて行きますので、WEBでありがちな送信先誤りやファイル画像不鮮明のようなことは起きません。
 

ちなみに、身分証明書類の提出をWEBで行なったことがありますが、どうやら別な宛先に送ったため、契約成立まで約1週間近く要したこともあります。
 

なので、即日中に確実に融資を受けたいのであれば、WEBのみでなく自動契約機を併用して手続きした方が確実です。
 

キャッシングした男性
(参照:キャッシング 即日

キャッシング専用カードは予め作っておくと安心

読了までの目安時間:約 3分

キャッシング専用カード

キャッシング専用カードは、消費者金融業者などから発行されるカードで、一定の融資枠が設定されていて、その範囲内では何度でも借りることができるカードのことです。
 

借りる時は、ATMを利用して引き出すか、インターネット経由または電話で申し込んで、指定した銀行口座に振込をしてもらう方法があります。返済は、毎月決まった額を返済するリボリング方式、一括支払い、などがあります。
 

持っていると良い点

急に現金が必要になったときには、こういったカードは重宝します。いつでも現金があるのと同じ効果があり安心感を得られます。対価は実際に借りたときの利息になります。 当然、借り入れがなければ、利息はかかりません。
 

現在のATMは、特にコンビニにあるものは、24時間使えるので、借り入れるときも時間に縛られないという利点があります。たとえ夜中であっても借りることができるということは昔では考えられないことでした。
 

また、返済の時も同様で、営業時間というものに縛られない便利なものです。
 

指定する銀行口座への振込で借り入れる場合は、銀行の営業時間が限られているところでは気をつけなければなりません。振込の依頼をしても振り込む側と振り込まれる側の銀行の営業時間外では実際なにもしないからです。
 

その点、ネット専門の銀行は、時間に関係なくほぼリアルタイムで振込が行われるので使い勝手が良いです。キャッシング専用カードを持つのであれば、一つくらいネット専門の銀行の口座を持っていても良いでしょう。
 

ただ、ネット専門銀行の利用は、インターネット経由前提ですから、もしインターネットが使えない環境ではちょっと厳しいかもしれませんが、(ネット専門銀行の)カードはATMでほぼ24時間使えます。

最近の投稿